平成22年(2010年)春お彼岸のあいさつ


大洞院住職 櫻井 大文    
             2010.03.21
      

 昨夜来の春の大嵐に、お彼岸法要が行えるか心配しましたが、当日午後は、多少の風はあったものの、穏やかな春光のもと、本堂一杯のお檀家の皆さま方を迎えて法要を執り行うことが出来ましたこと、大変に感謝いたしております。
 彼岸会は先祖を崇拝し供養する日本独自の行事です。
 昼と夜の長さが逆転することから、生(此岸)から死(彼岸)へ、死(彼岸)から生(此岸)へ渡る時期と考えられ、彼岸と此岸が最も近いこの時に、亡き霊を呼び慰め供養するようになったと言われています。

 また、昼夜の長さが同じことから、釈尊が説かれた、「中道」の教えにかなうと言われます。

 彼岸は7日間で、お中日は先祖に感謝し供養をします。お中日を挟む前3日と後3日の計6日は、悟りの境地に達するに必要な6つの徳目、「六波羅蜜」を一日一つずつ修めるためとされいています。

 皆さま心静かに、ご先祖さまのご供養をしましょう。

                                                     合掌

注釈: 六波羅蜜とは、布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智慧 のこと。